劇団四季 ノートルダムの鐘 CDのキャストをご紹介!3種類あります!

最新情報

スポンサーリンク

劇団四季 ノートルダムの鐘 CD

劇団四季ノートルダムの鐘のCDは3種類!

劇団四季「ノートルダムの鐘」CDは通常版、豪華版、海宝直人verの3種類あります。キャストはカジモド役の違いのみですが、これが大きいです。それではノートルダムの鐘CDについて詳しく記載していきますので、ぜひチェックしてみてください。

 

劇団四季 ノートルダムの鐘 CD キャスト

 

劇団四季ノートルダムの鐘の最新版CD!

ついに劇団四季ミュージカル「ノートルダムの鐘」が2016年12月に開幕。「レミゼラブル」でも有名な小説家ヴィクトル・ユゴーの代表作「ノートルダム・ド・パリ」をディズニーがアニメにしました。ミュージカル音楽でも著名なアランメンケン作曲です。そのアランメンケンにして「ノートルダムの鐘によってディズニー・ミュージカルの新たな系譜が誕生した」と言わしめました。

 

そのサントラCDが2017年3月15日に発売されました。

 

劇団四季 ノートルダムの鐘 通常版

 

作詞がスティーヴン・シュワルツですが、日本語訳は「アナと雪の女王」で一躍有名となった高橋知伽江さんで、音楽監督は鎮守めぐみさんです。わかりやすく美しい日本語で、不自然な部分なども一切なく馴染みやすいです。

 

当サイトでご紹介しているディズニー映画の吹き替え版とはタイトル、歌詞、キャストなど、CDの内容も大幅に様変わりしております。

【通常版・収録曲】
1.オーリム(いつか) 2.ノートルダムの鐘 3.陽ざしの中へ 4.トプシー・ターヴィー(パート1) 5.息抜き 6.タンバリンのリズム 7.トプシー・ターヴィー(パート2) 8.サンクチュアリー~聖域 9.神よ 弱き者を救いたまえ 10.世界の頂上で 11.酒場の歌 12.天国の光 13.地獄の炎 14.エスメラルダ 15.間奏曲(アントラクト) 16.エジプトへの逃避 17.奇跡御殿 18.奇跡もとめて 19.ノートルダムの鐘 リプライズ 20.いつか 21.石になろう 22.フィナーレ

劇団四季 ノートルダムの鐘 CD

劇団四季 ノートルダムの鐘 CD
2017年版 劇団四季キャスト一覧

 

カジモド・・・飯田達郎

エスメラルダ・・・岡村美南

フロロー・・・芝清道

クロパン・・・阿部よしつぐ

フィーバス・・・清水大星

聖アフロディージアス・・・高舛裕一

デュパン神父・・・平良交一

ジェアン・・・佐藤圭一

フロリカ・・・小川晃世

男性アンサンブル・・・鈴本務、安部三博、大空卓鵬、賀山祐介、高舛裕一、平良交一、佐藤圭一、吉田功太郎

女性アンサンブル・・・小川晃世、大森真理、吉田絢香、原田真理

男性クワイヤ(聖歌隊)・・・永井崇多宏、柳隆幸、見付祐一、日浦眞矩、青井緑平、新井克、河野陽介、和田ひでき

女性クワイヤ(聖歌隊)・・・遠山美樹、辻奈々、青柳歌奈、千田みゆき、谷明実、川村古都、秋山知子、杉山由衣

劇団四季のノートルダムの鐘のCDの通常版は、AMAZON、楽天など多くのショッピングサイトでの取り扱いがあります。ぜひチェックしてみてください。

劇団四季 ノートルダムの鐘 CD 豪華版

ノートルダムの鐘 CDは豪華版あり!

劇団四季のノートルダムの鐘CDは、通常版に加え「豪華版」の販売もしております。ノートルダムの鐘CD豪華版は、通常版にボーナストラックが+αされており、より一層劇団四季ノートルダムの鐘を楽しめるCDになっております。

 

ノートルダムの鐘 CD 豪華版

 

通常版の定価が3240円(税込)に対し、豪華版は3780円(税込)となっています。しかしその540円の差額を補って余りある内容のボーナストラックです。

【豪華版・収録曲】

 

<DISC1>

1.オーリム(いつか) 2.ノートルダムの鐘 3.陽ざしの中へ 4.トプシー・ターヴィー(パート1) 5.息抜き 6.タンバリンのリズム 7.トプシー・ターヴィー(パート2) 8.サンクチュアリー~聖域 9.神よ 弱き者を救いたまえ 10.世界の頂上で 11.酒場の歌 12.天国の光 13.地獄の炎 14.エスメラルダ 15.間奏曲(アントラクト) 16.エジプトへの逃避 17.奇跡御殿 18.奇跡もとめて 19.ノートルダムの鐘 リプライズ 20.いつか 21.石になろう 22.フィナーレ

 

<DISC2>
1.陽ざしの中へ 2.天国の光 3.奇跡もとめて 4.石になろう 5.陽ざしの中へ(カラオケバージョン) 6.神よ 弱きものを救いたまえ(カラオケバージョン) 7.いつか(カラオケバージョン)

 

劇団四季 ノートルダムの鐘 CD 豪華版

劇団四季 ノートルダムの鐘 CD
豪華版 ボーナストラックキャスト

 

カジモド・・・海宝直人

 

豪華版ボーナストラックでは、劇団四季ノートルダムの鐘オープニングキャストの海宝直人さんが通常版の飯田達郎に代わってカジモド役です。それぞれ違ったカジモドを楽しめます。また、外部での活躍も目覚ましい海宝直人ファンなら絶対に手に入れたい豪華版CDです。

 

ロフトネットストア omni7で販売!
劇団四季・ノートルダムの鐘CDの「豪華版」は、ロフトネットストア omni7 で販売を行っております。omni7(オムニ7)とは、セブンイレブンの運営するネット通販サイトで、その中にあるロフトネットストアの劇団四季ノートルダムグッズの中で、豪華版のCDを販売しているのです。雑貨やホビー用品で有名な「Loft」の通販サイトです。

 

「劇団四季 ノートルダムの鐘 CD 豪華版」は、AMAZONや楽天市場では取扱いがないのが現状です。先行予約はクレジットカード支払いのみでしたが、現在はクレカ、代引き、セブンイレブンでの前払いなど色々あります♪

 

ロフトネットストア omni7 で販売中!

 

ロフトネットストアではグッズも!

オムニ7ロフトネットストアでは劇団四季と正式に提携しているため、ノートルダムの鐘のCD以外にもグッズ販売を行っております。四季劇場で売られているグッズが自宅にいながらGETできます!
→ 劇団四季ノートルダムの鐘グッズはこちら

 

ノートルダムの鐘 CD 海宝直人 別版

海宝直人バージョンの別版も発売!

 

ノートルダムの鐘 CD 海宝直人

 

ノートルダムの鐘のCDに海宝直人バージョンの別版が登場です。多くの要望によってCDのリリースが実現いたしました。豪華版では4曲だけですが、海宝直人verはカジモドのパート全てが海宝直人さんです。ライブレコーディング収録です。

 

ファンの要望でCDになってしまうとは驚きです。それくらい海宝さんの人気が高いのでしょう。劇団四季の客演として活躍している海宝さんは、ずっと出演しているわけではありません。ですので、後に貴重なCDになる可能性大です!

 

劇団四季 ノートルダムの鐘 CD

劇団四季 ノートルダムの鐘 CD
海宝 別版 劇団四季キャスト一覧

 

カジモド・・・海宝直人

エスメラルダ・・・岡村美南

フロロー・・・芝清道

クロパン・・・阿部よしつぐ

フィーバス・・・清水大星

 

 

私も海宝直人さんのファンなので嬉しい限りなのですが、通常版・豪華版より3か月ほど遅い発売日となっております。海宝さんの別版が発売するまでは豪華版を楽しみましょう。現在はAMAZON、楽天市場、omni7で販売中です。

 

別版は6月7日に発売されました!

 

ディズニー ノートルダムの鐘 CD

  2000年 劇団四季の吹き替え版はこちら!
   → ディズニー 「ノートルダムの鐘」 日本語吹き替え版CD

CDを聞いた感想をレビュー

ノートルダムの鐘CD「豪華版」を買いました

 

劇団四季ノートルダムの鐘のCDは豪華版の方を注文いたしました。自宅へ届くと「ノートルダムの鐘の缶バッチ」がおまけで付いていました。これは初回限定特典らしいです。日頃使えそうなオシャレなバッチです。歌詞カードには今回の劇団四季ノートルダムの鐘の詳しい説明も書いてあります。

 

劇団四季ノートルダムの鐘CD 初回限定

 

「とにかく泣ける」「気付くと泣いてる」そんなCDです

 

まずはディスク1を聞いたのですが、出だしから鳥肌が立って仕方ありません。
クワイヤ(聖歌隊)は本当にずるい。どんな状況でも、一瞬にして荘厳なノートルダムの鐘ワールドに引き込んできます。

 

そして私が最も印象に残っている点は、ミュージカルらしいCDであるということです。

 

ミュージカルなので当たり前なのですが、劇団四季の他のサントラCDと比べても群を抜いてます。キャストが演じている情景が浮かんでくるのです。セリフも多いですし、歌詞や演出のおかげでもあるのでしょうか。

 

実際にミュージカルを目の当たりにしているような感じです。

 

劇団四季ノートルダムの鐘CD 歌詞カード

 

今回の劇団四季のノートルダムの鐘は、映画版の「あの怪物は誰だ」という箇所が、
「怪物と人間を分かつものは何か」に変更されているようです。

 

今の日本を見てみても、本当の「怪物」は大衆なのでは?などと思うことが多々あります。そんなことも重ね合わせながら、人間本来の生きる意味なんかを考えさせられるCDでした。

 

カジモドの純真さも正義ですが、フロローの愛情も正義ですし、ジプシーであるクロパンやエスメラルダにも正義があります。フロローは最後聖堂から落とされてしまいましたが、愛情の方向が違っていただけで、私には完全な「悪」とは思えませんでした。育ての親を殺すまでしなくても、、、とも思いました。

 

このように、色々考えさせられるテーマ性が、ノートルダムの鐘が「泣ける」理由の一つなのかもしれません。

 

私は、このCDを聞いて色々考えてしまいました。人によってはまた違った感じ方をすると思います。それぞれのキャストの視点や、共感できるシーンなどで、人それぞれの感想を持つような作品です。

 

劇団四季ノートルダムの鐘CDは、これからますます多様化していく現代において、「それぞれの答え」を再考させてくれるCDです。

 

お気に入りの曲

 

とにかく名曲揃いのCDです

 

劇団四季ノートルダムの鐘CDでお気に入りの曲は、「陽ざしの中へ」、「トプシー・ターヴィー」、「世界の頂上で」、「地獄の炎」、「エスメラルダ」、「奇跡もとめて」、「いつか」、「フィナーレ」です。

 

と、ここまで書いてて気づいたのですが、名曲が多過ぎです!
CDを聞いているとグッタリしてしまうのは、感動が続きすぎてしまうからでしょう。

 

劇団四季ノートルダムの鐘CD 歌詞カード2

 

「世界の頂上で」岡村美南さんは印象的でした。明るい世界しか見えてこないです。迫力のある歌が多い中で、この曲で綺麗な美声が聞けて心が楽になります。

 

「地獄の炎」は、ただただすごいの一言です。実際に観劇した時は野中万寿夫さんだったのですが、芝清道さんはパワーが違います。痺れました。

 

「エスメラルダ」は、緊迫感が伝わってくる合唱がやばいです。主要キャストの色々なパートが重なり合っていて何度でも楽しめます。

 

「奇跡もとめて」は、岡村美南さんと清水大星さんの素敵で明るいハーモニーに、飯田達郎さんがめちゃめちゃネガティブなパートをかぶせてくる部分が泣けます。
光と影を1曲で表現することによって、それぞれのキャストがより鮮明化するのです。この時に、カジモドの視点で聞くと切なさが半端じゃありません。

 

「フィナーレ」は、色んな要素が詰め込まれていますが、特に印象的だったのは清水大星さんのフィーバスです。まるでレミゼラブルのアンジョルラスのようなヒーロー性がかっこいいです。本当に清水大星さんは「声は」イケメンなんですよね。

 

とにかくここには書ききれないくらい劇団四季ノートルダムの鐘CDは名曲だらけです。何度でも聞きたくなるし、何度でも実際に観劇したくなってしまいます。

 

飯田達郎・海宝直人を聞き比べ

 

ノートルダムの鐘CD豪華版のDISC2のボーナストラックでは、海宝直人さんのカジモドなので、DISC1の飯田達郎さんと聞き比べてみました。

 

劇団四季ノートルダムの鐘CD 豪華版

 

私の個人的な感想ですが、わかりやすくおおまかに表現すると、

飯田カジモド → 真面目で綺麗に歌っている

 

海宝カジモド → 怪物っぽく歌っている

という感じです。

 

どちらが上手いかというよりは、「怪物色」が強いか弱いかという感じです。

 

私はハッキリと海宝カジモドが好きです。怪物っぽい方が好きですし、そういう歌い方の方がパッションを感じるからです。6月に発売されるノートルダムの鐘CD海宝バージョンは間違いなく買うと思います(^^♪

 

ちなみに「陽ざしの中へ」に関しては、この2人よりもディズニー映画版石丸幹二さんの「僕の願い」が一番好きです。(陽ざしの中へと同じ曲)。正直、石丸幹二さんはカジモドに合わないと思っていますが、この明るく前向きな曲に関しては、石丸さんの美声が最高にマッチしてると思うからです。

 

飯田達郎さんは生粋の四季団員、海宝直人さんは外部からの客演という部分でカジモドにも違いがあるのかもしれません。この違いは良い悪いではなく好きか嫌いかという感じだと思いました。

 

ノートルダムの鐘CDを買うなら、私としては豪華版をおすすめいたしますが、キャストが違うのはカジモドだけですので、その違いを考えてみてから検討してください。

 

ここは通常版で我慢して、6月に海宝版を買うというのもありかもしれません。その頃には田中彰孝バージョンも追加されたりしたら、ますます悩んでしまいます(^^♪

観劇してきた感想

ノートルダムの鐘CD発売前に観劇!

 

 

2016年12月22日に浜松町にある四季劇場・秋にて「ノートルダムの鐘」を実際に観劇してきました。

 

いつもはCDなどで予習してから行くのですが、今回は劇団四季版ノートルダムの鐘のCDの発売前でしたので、どのような曲があるのか楽しみにしながら観劇いたしました。

 

客層は男性の数が他の演目よりは多かったような気がしました。クリスマス近くだったというのもあると思いますが、男性からの感心が高いことも伺えます。ディズニーといっても大人向けの設定のせいか、子供はとても少なかったです。

 

観劇した際のキャスト

 

今回、一番お目当てのキャストはカジモド役の海宝直人さんです。youtubeなどで舞台稽古の動画を見たときに、一目で凄いと感じたからです。

 

ノートルダムの鐘が開幕時のキャストである岡村美南さん、芝清道さんではなかったのは大変残念でしたが、私としては海宝カジモドだったので問題ありませんでした。

 

 

まず、オープニングから大迫力のコーラスで、度肝を抜かれました。一瞬でノートルダムの世界観に引き込まれます。

 

注目の海宝直人さんの演技は、本物でした。あれだけイケメンにもかかわらず、とても醜い怪物の役を演じていて鳥肌が立ちました。

 

そしてその演技力に加え、歌唱力の高さにも驚きです。陽射しの中へを聞いたとき、
「天は二物を与えたな」と心から思いました。

 

 

この日のエスメラルダ役は宮田愛さんでした。たしかこの日が初めての出演だと思います。

 

とても上手だなぁという感想でしたが、まだまだこんなもんではないだろうという感じもしました。初日だったからでしょうか。

 

フロローはライオンキングのスカー役などを演じていた野中万寿夫さんです。演技力が高く、フロローの危ない雰囲気がよく表せていました。

 

 

個人的に海宝カジモドの次にお気に入りだったのが、阿部よしつぐさんのクロパンです。

 

この方は、四季団員ではない外部のキャストだからでしょうか、歌や演技に「遊び」が感じられました。クロパンの面白い部分を存分に引き出していて、観劇中クスクス笑ってしまいました。特に「トプシー・ターヴィー!」ていう曲では本当に明るい気持ちにさせてくれました。

 

フィーバス役を演じた清水大星さんは、抜群の歌声です。2階席で観劇していた私にも真っすぐ突き刺してくるような歌声がしっかりと届いておりました。ほぼほぼ完ぺきなフィーバスでしたが、いかんせんリトルマーメイドのシェフルイの印象が残っていて、少し面白かったのも事実です。

 

総評

 

全体を通して、聖歌隊がコーラスをかぶせてくるシーンが多いので、圧倒されることが大変多かったです。最初から最後まで食い入るように観劇していましたので、終わってからぐったりしてしまったほどです。ノートルダムの鐘はストーリー性も楽曲も大人の世界観があったので、何回も見に行きたくなる演目でした。

 

そして素晴らしい曲がとても多かったので、劇団四季版ノートルダムの鐘のCDがとても待ち遠しいです!そしてキャストが誰になるかわかりませんが、開幕メンバーが濃厚ではないかと予測しております!

スポンサーリンク